2010年03月08日

『トントン』

バラ砂糖とかを瓶に詰め替えたときに、最後にトントンってしたらかたよってた形がきれいに平らになります。この“トントン”が好きです

人にもいろいろな偏りがあります。ファッションもそう。ここでの偏りは決して悪いものではなくてそれが素敵な個性になったり、時にはいろいろな幅を拡げるために必要なものだったりします。砂糖のように自然と積み上げられた状態は、千差万別な形を作り上げてその人の魅力になるのかもしれません。もちろん、自分の昔の写真を見て、その偏りに赤面しちゃうこともあったり…
沢山のお客様とふれあう中で、その“偏り”を知り、時に共感し大切に磨き上げていくうちに、突然ひらめいたかのように、お客様自身がそのこだわりから解き放たれたようになる瞬間に出会うことがあります。“トントン”に似た感じがします。それはリセットするということではなくて、瓶いっぱいに詰まった砂糖のようなある種の“満足感”のように思えます。
そしてきれいにならされた砂糖にも、しっかりと自分の印(カラー)が刻まれているんですよ、きっと。

“トントン”いいと思います。 

alamode22 at 08:57│Comments(0)clip!日々の出来事 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔